「き」組み

資料請求
お問い合わせ

「き」組について

2018「木組ゼミ」入門コース 2日目

「木組のデザインゼミナール」入門コース2日目が始まりました。 今回から「美術コース」が始まります。 美術も技術!訓練することによって、美しいデザインが出来るようになります。 初日は、静物デッサン。 鉛筆の使い方から、構図 […]

2018「古民家再生ゼミ」が始まりました。

初日は、現在工事中の「八王子の古民家」で現場研修をしました。 現場にゆく前には、事務所で自己紹介。 今回の受講生は、全国からお見えです。 最も遠いのは、熊本です。徳島も遠いですね。 山梨、つくば、高山などなど・・・古民家 […]

「浜田山の家3」テーブルを納品

「浜田山の家」は、3人家族の小さな家です。 リビングダイニングのテーブルは小さい方がいいということで、オリジナルでつくってしましました。 1350ミリ×750ミリのロータイプ。スタンダードな四足で、何気ないデザインです。 […]

「浜田山の家」内覧会は盛況でした。

雨が心配だった日曜日。 内覧会を始める頃には、空が晴れてきました。 朝から大勢の方が見学に来られました。 国土交通省 木造振興室長や、深尾先生、タニタハウジング社長もお見えになり盛り上がりました。 伝統木造の家づくりも、 […]

「中落合の家2」びおソーラー搭載

「中落合の家2」に太陽熱集熱パネル「びおソーラー」が付きました。 技術開発者の松原さんに来ていただき、装着の説明を受けました。 今年は寒波が続きますが、太陽光がある限り、この家は暖かくなります。 寒い冬が、楽しみな装置で […]

「東馬込の家」断熱性能の公開

                   (計測データをもとに高橋慎吾氏作成) 東京では、58年ぶりの寒波が襲い、先日降った雪もなかなか溶けません。 この寒波は週末も居座る勢いですが、断熱向上を目指して完成した「東馬込の家」 […]

「中落合の家2」お祝い

先日12月13日は、「中落合の家2」のお祝いでした。 7人の住む大所帯が来春には完成します。 すでに上棟した後の直会で、職人さんたちを慰労していただきました。 ここまでの努力に感謝し、これからの長丁場を頑張ってほしいと思 […]

「中落合の家2」上棟いたしました

このたび「中落合の家2」が無事上棟いたしました。 初めて、貫・足固めを経験する工務店の仕事で、時間がかかりましたが、きれいな架構がようやく現れました。 これから、枠廻りや仕上げ工事に追われることとなります。 おめでとうご […]

セミナーのお知らせ

セミナーのお知らせです。2018年3月1日。わたくしの敬愛するお二人とご一緒できる機会が生まれました。 岩崎駿介さんは、都市計画家として憧れた人です。わたくしが若いころアーバンデザイナーを目指し、歴史的町並み保存運動に参 […]

「中落合の家2」材料検査

「中落合の家2」材料が天竜TSウッドから入りました。下小屋に木材検査に行ってきました。 杉の含水率は25%から30%で、天然乾燥材として合格です。 棟梁とともに番付を打ってきました。これから刻みに入ります。もちろん手刻み […]

木組ゼミ「上級コース」はじまりました

今期で14期を迎えた「木組のデザインゼミナール・上級コース」が始まりました。 松井郁夫に加えて、小林一元さん宮越嘉彦さんの「私家版仕様書」執筆メンバーによる、講座です。 楽しく学びながら、受講後には、一軒の木組の家が実践 […]

「井の頭の家」外壁の色を決めました

雨の中でしたが、現場で建主さんと一緒に壁の色やタイルなどを検討してきました。 ギリギリまで迷った外壁の色も、落ち着くところに落ち着き、清々しい外観になりそうです。 木製の手すりも少し色をのせることになりました。 あらかじ […]

「中落合の家」地鎮祭を行ないました

今回の建主さんのお婿さんは、神主様です。 こんな事は珍しいのですが、ご本人がご自身ご家族と住む家の地鎮祭を執り行いました。 地面から神様を呼び、神主様の笛の音色で玉串を奉奠し、地面に還っていただきました。 よく通る声で、 […]

「井の頭の家」打ち合わせ

住宅の打ち合わせは、仕上げに影響する下地材が電気設備や給排水設備と絡み合うので、こまめに行う必要があります。 今日は、洗面所の家具やタイルの納まりを決めて来ました。 壁と窓枠の取り合いに、無駄な隙間が出ないように、壁をふ […]

「浜田山の家Ⅲ」木を組むを見る

浜田山の住宅地に、「せがい造り」の家が上棟します。 「せがい」とは、二階が一階よりせり出したつくり方を呼びます。 和船から来た、日本古来の民家の木組です。 建主様のご厚意によって建方見学会を開催させていただきます。 当日 […]

「井の頭の家」構造見学会

台風15号の影響で雨模様の中、ブルーシートに囲まれた木組の構造見学会となりました。(まるで水槽の中にいるような?笑) 熱心の見学者の方々と、貫の粘り強さや、無垢の木の豊かさについて意見を交換しました。 完成後は壁の中や床 […]

「井の頭の家」上棟しました!

コンパクトながら3層の木組の家が上棟しました。 貫を通しながらの建て方は、手間のかかる構法ですが、地震に粘り強く倒壊しにくい建物になります。 天候に恵まれて、一日で屋根まで組み上げました。 地下には駐車場と広い玄関を持ち […]

「井の頭の家」地下RC打ち上がりました

地下駐車場はコンクリートでつくります。 時間がかかりましたが、きれいなコンクリートが打ち上がりました。 跳ね出しの階段が軽やかに見えます。 階段室の上から入る光は、コンクリートの壁に反射して美しい陰影をつくります。 この […]

「井の頭の家」構造見学会開催

「井の頭の家」が上棟します。 最も構造がよく見えるときに、構造見学会を開催いたします。 この機会に是非、「民家」に学んだ「貫」の粘り強さと木組の醍醐味を御高覧ください。 詳しくはこちらから 「井の頭の家」構造見学会開催

「浜田山の家3」材料検査

「浜田山の家」は本格的な木組でつくる伝統的な家です。二階が一階よりせり出した「せがい造り」と呼びます。 今日は、天竜から運ばれてきた杉、桧の検査に行ってきました。含水率は天然乾燥で23%内外、木理の美しい材でした。 棟梁 […]

「井之頭の家」工事中

コンパクトな地下一階 地上二階の「木組の家」が、井の頭公園の近くで進行中です。 こだわりの建主さんと、じっくり時間を掛けた建物です。 平面が12坪の家ですが、小さなお子さんが走り回れる広々とした間取りです。 ライフステー […]

古民家再生ゼミ「実測調査」

実測のツボ講習中

古民家再生ゼミの実習で、川崎民家園に実測調査に行ってきました。 調査したのは民家園誕生のきっかけとなった「伊藤家」です。 神奈川県の民家の特徴である「四方下屋造り」という上屋と下屋の入り組んだ梁組があります。 今年の受講 […]

「東馬込の家」メンテナンスガイド

メンテナンスガイド

メンテナンスガイド プロトタイプであり、新防火地区の燃え代設計であり、断熱性能G2レベル(UA値0.46 C値0.5)である木組の家が竣工し、昨日お引き渡しを済ませました。 お引き渡しのときには、必ず「メンテナンスガイド […]

「東馬込の家」左官工事が始まりました

「東馬込の家」がいよいよ終盤に入りました。左官工事の始まりです。 内部に漆喰を塗っています。白い漆喰に光が反射して室内が明るくなります。 少ない日射でも光が回ることによって落ち着いた室内となりました。あと少しで完成です。 […]

「東馬込の家」気密測定を行いました

  「東馬込の家」の足場が取れて、外観が見えるようになりました。この家は木組の「プロトタイプ」であり、燃え代設計による「準耐火建築」です。 さらに、温熱等級を向上させるために、工事途中に気密測定を行いました。 […]

「木組のデザインゼミナール」まだまだ募集中

木の家を建てようとすると、必ず直面することに構造の問題があります。気になるのは柱や梁の組み方です。 そこで見直されてくるのが、丈夫で長寿命な伝統の木組です。 柱や梁の制約の多い木組ですが、基本的なルールーを身につけること […]

「おもてなしの古民家再生」作品集UPしました

松井郁夫建築設計事務所をはじめとした「き」組メンバーで設計監理を行った、 「おもてなしの古民家再生」が作品集にUPされました。 写真ギャラリーになっておりますので、どうぞごゆっくり御覧ください。 おもてなしの古民家再生

どうぞお気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせはこちらから