「き」組み

資料請求
お問い合わせ

「き」組について

木組ゼミに伊礼智さんをお招きしました

木組ゼミでは、毎回第一線でご活躍の建築家をお招きして、ご自身の作品について語っていただきます。 こんかいは、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの伊礼智さんのお話をお聞きしました。 ふるさと沖縄のお話から始まり、外部と内部をつなぐ設計 […]

「東馬込の家」完成間近

「東馬込の家」の完成が間近に迫りました。 お引き渡しの前に、現場監督の白鳥さんが床の手入れをしています。 明日は、塗装が入ります。その前に床板の傷を修理しているのですが、何をしているのでしょう? 実は床にアイロンを掛けて […]

阿佐ヶ谷の家

「阿佐ヶ谷の家」本と暮らす小さな木組 (竣工:2016年6月) 壁一面の本棚が、家に命を吹き込んだようです。 事例集で御覧ください。  

「松本城の見える家」 一年点検に行ってきました

あけましておめでとうございます。 年明けに「松本城の見える家」の一年点検に行ってきました。 前日に、和力の講演会がありその舞台を見た流れで、名古屋の和力ファンの方々もお連れしました。 まず目に入ったのが、カラ松の外壁です […]

「かやぶきの家」建主さんによる古民家オープンハウス

20年前に松井事務所で古民家再生の設計をさせていただいた、 福島県福島市飯野町の「かやぶきの家」で、建主さんによるイベントが開催されことになりました。 境野さんご夫妻は、自然と共生する生活を目指し、畑で作物などを育てなが […]

「松本城のみえる家」建主さんのブログ

木組みの家「松本城のみえる家」板張り

わたしたちの設計する家の建て主さんは、みなさんブログを書いてらっしゃいます。 毎回のブログからは、首を長くして完成を待っている様子が伝わってきます。 ありがたいですね。がんばります! よろしければ、是非こちらを覗いてくだ […]

雑誌「すまいの手引」に掲載されました

新建新聞社の雑誌「すまいの手引 vol.53」に、松井の自然素材についての考え方が、掲載されました。 「自然素材を使いこなす」 と題して、さまざまな手法を紹介しています。 ・住まいは自然素材でつくる ・生まれも育ちもわか […]

「大和の家」の建方

ワークショップ「き」組メンバーによる「大和の家」が上棟しました。 建方当日は、「木組のデザイン」ゼミナールの受講生をはじめ、たくさんの方々が見学にみえました。 上棟おめでとうございます!

200年住宅「江原の家」工事中

見学会を明日に控え「江原の家」は順調に工事が進んでいます。 耐力壁も出来て床板も張られ、サッシも入り始めました。 1階天井の木目を合わせるために、一枚の板から切り出した材を順番に並べて施工していきます。 バルコニーからた […]

200年住宅「江原の家」上棟しました!

「江原の家」が上棟しました! 青く澄み渡った空に、木槌の乾いた音が響きます。 大工さんが梁の上を駆け回って、みるみる家が建ち上がっていく様は、木組の家の醍醐味です。 横田木材工事部のベテラン勢の技で、見事上棟しました! […]

200年住宅「江原の家」刻みが進んでいます

「江原の家」の材は、渡辺棟梁がどんどん刻んでいます。 渡辺棟梁とは長年のコンビということに加え、構造のシンプルな家なので打ち合わせもスムーズに進みます。 WS「き」組の今年最初の上棟は「江原の家」です。

200年住宅「江原の家」屋根のデザインを改良しました

来年着工予定の「江原の家」。屋根のケラバを落として、デザインを改良しました。 屋根の形は、家全体の印象をまとめる最も大きな要素です。昔から背世界中の建築で切妻の屋根が重宝されてきたのも、建物の立体としての印象を大切にした […]

【保存】テキストなどのスタイル

「木の家は高くて手が出せない」とか「つくる職人がいない」と家づくりの夢をあきらめかけていませんか?「すぐれた大工はいるかもしれない。でも、家族の希望や予算とのかねあいをどう話し合ったらよいか、見当がつかない」という方もあ […]

どうぞお気軽にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせはこちらから